和田医院・院長のブログ(浜松市和田内科消化器内科・産婦人科クリニック)

BLOG

Blog written by Dr. Wada

和田医院
Home

前ページ TOPページ 次ページ HOMEページ

医院紹介
2009/09/03




徐々に気温も下がってきていますが、
まだまだ残暑は厳しいです。体調管理には気をつけてください。

さて、現在は医療機器の搬入などが始まっています。
レントゲン設備の設置が行われているのですが、大きな機械であり、
設置するのに何日も必要となっています。
透視もできる機械であり、特に胃瘻交換のときに力を発揮します。
設置できた後に写真を載せたいと思います。

これから、しばらくは医院の紹介をしていきたいと思います。よろしくお願いします。

順調です
2009/08/31




忙しくて、なかなか更新できていません。大変申し訳ございません。

ただ、9月以降は医院開業に向けて、専念できるようになります。
ここの更新ももう少しできると思います。よろしくお願いします。

医院の建物は、完成しました。まだ、何にも搬入されていないのでがらんとしてさびしいのですが、これから徐々に医院の形ができあがっていくと思います。
9月27日には、内覧会もありますので、ぜひ見に来てください。

暑くなってきましたね!
2009/08/06




ようやく、浜松も梅雨があけました。
このところ夏らしい天気になり、暑い季節となってきます。
どうしても水分が不足しやすい時期です。水分の補給ははやめに行うように気をつけ、脱水の予防をしください。

また、医院の外観がわかるようになりました。前面のタイルがきれいに見えます。また、看板も立っていますので、一度見に来てください。

医院
2009/07/18




またまた、更新の間隔があいてしまいました。
すみません・・・・・

さて、医院の建築が進んでいます。

まわりが覆われているため、全体像を捉えることは難しいですが、
一部にタイルが張られてきているのがわかると思います。

また、出入り口も含め、内装の工事も進んでいます。
また、きれいになった段階で、内部の写真が取れたらと思います。

まだ、東海地方は梅雨明け宣言はでていませんが、ここ数日は暑い日が続いています。どうしても集中力が途切れやすい時期となりました。工事関係者さん、暑い中ご苦労様です。くれぐれも怪我などしないよう気をつけて工事を進めてください。

2009/07/03




雨が続きます。
特に夜にふることが多く、ジョギングすることができません。
雨の中走ればいいのいですが、なかなか・・・・・。
ジョギングにて、ストレス解消ができているのですが、
最近走れないことが、ストレスとなっています。本末逆転でしょうか?

医院の建築は順調に進んでいます。外壁がみえてきています。

上棟式について その3
2009/06/14




すべてまきおわるのに数十分かかったと思いますが、まくのに夢中となっていて、瞬く間に時間が経過してしまいました。
餅投げ終了後、関係者一同集合し、最後のあいさつがあり、終了となりました。

餅投げのステージ設置や雨でも拾いやすいようにと地面に砂利をひいていただいたりといろいろとご配慮いただいた須山建設さん、お餅の運搬やその整理、会場整理などしていただいた親族関係者など、たくさんの方のご協力により、無事に上棟式を終えることができました。本当にありがとうございました。

ようやく、建物の外見がみえてきました。順調に建設は続いています。これからも安全第一でお願いします。

上棟式について その2
2009/06/14




棟梁が、祭壇にお洗米・お塩・お神酒を盛った後、2礼2拍手1礼行います。
その後、すみ餅まきとなります。今回は工事中であり、危険なこともあり、親族関係者のみでとりおこないました。北東→南東→南西→北西の順番で、それぞれの柱からすみ餅をまきます。餅投げ用のもちとくらべるとやや大きめな平たいお餅でした。

長い間、また雨の中お待たせしましたが、ここから餅まきとなります。関係者一同ステージの上にあがり、私のあいさつがあった後、餅まきを行いました。この日は、約6俵分の餅とお菓子をまきました。あちらこちらで歓声が上がっていました。まいている間はやや雨の勢いが小さくなり、拾いやすくなったかなと思います。

この日は約350人の方がお集まりいただけました。小さなお子様からご年配まで来院されました。皆様たくさん拾っていただけましたでしょか?

上棟式について
2009/06/14




6月5日無事に上棟式を行いました。
上棟式を行った経験もなく、すべてが新鮮であり、興味深いものでした。
写真で振り返ってみたいと思います。
まず最初に関係者一同祭壇前に参列、上棟式の開始となりました。
その後、当院では北東→南東→南西→北西の順に、建物の四方の柱にお洗米、お塩、お神酒を撒きます。
祭壇に戻り、一同再度参列した後、千年万年建物が建ち続けますようにと願いを込め、棟梁により『千歳棟、万歳棟』と発声とともに、柱を打ちつけいただきました。

前ページ TOPページ 次ページ HOMEページ


COPYRIGHT<2009 WADA Clinic All Rights Reserved. Designed by Crysta Co.,Ltd.